おすすめの格安SIM!各MVNOの紹介

家電量販店やCMなどで、格安SIMがガンガン紹介されていますね。

月々の料金を節約したい!と思い、大手キャリアからの乗りかえをご検討されている方も多いのではないでしょうか。

ですが、おすすめとされているMVNO(格安SIMを提供している事業者)の数が予想以上に多いことにおどろくでしょう。

どの格安SIMにするか、迷ってしまいますね。

おすすめのMVNOは?それぞれの格安SIMの特徴

格安SIMを提供しているMVNOは、大手キャリアの設備を借りて、回線を使用しています。

そのため、docomo系au系SoftBank系にわかれています。

SoftBankのMVNOは、また開始されたばかりで数は少ないです。有名なY!mobileは、SoftBankのブランドですが、MVNOではなくMVOと呼ばれる存在なので、自社の回線を使用しています。料金面、サービス面ともに格安SIMとキャリアの中間の存在といってよく、ここでは除外させていただきます。

現在シェアを占めているのが、docomo系やau系のMVNOです。特にdocomo系はメジャーな存在です。docomoで購入した端末であれば、大部分がSIMロックを解除しなくても使用できるのも大きな魅力でしょう。

au系は、UQmobilemineo(auプラン)IIJmio(タイプA)が存在しています。

mineoやIIJmioは、docomoの回線とauの回線を選んで契約する方式となっています。

auならではの高品質な回線を使用している点が、大きな魅力となります!

この記事では、料金的におすすめな3社と、総合的に見ておすすめな3社を紹介していきます。

料金面で、おすすめのMVNO

業界最安値水準!DMMモバイル

DMMモバイルは、「月額料金最安値」を宣言していることで有名です。

データ容量のプランが実に多彩で、その全てが「業界最安値水準」なんです!

余ったデータ容量は翌月に繰り越しが可能です。

ライトプランから20Gのプランまで細かく選択可能で、いつでも簡単に変更可能です。

通信速度も、IIJmioの設備を使用していて、品質が高く速いです。

とにかく月額料金を抑えたい!とお考えの方にとっては、垂涎もののMVNOではないでしょうか。

ですが、キャンペーンが少ない点には注意しなければなりません。

月額料金では業界最安値のDMMモバイルも、他社のキャンペーンが適応された場合の料金と比べると、どっこいどっこいの料金です。

それでも、「業界最安値水準」を保っているという強みがあります。

他社の場合はキャンペーンがいつでも適応されるとは限らないので、確実に安くしたい!という場合にはうってつけのMVNOであることには変わりません!

無駄なくお得!エキサイトモバイル

エキサイトモバイルがユニークな点は、1Gごとの従量制の「最適料金プラン」の存在です。

使えば使っただけ料金が上乗せされていくため、使い過ぎをおさえることによって月額料金を節約していくことが可能です!

この「最適料金プラン」ですが、複数枚のSIMカードを使用する場合にも適応されます。

一人で複数枚使用する場合や、家族で使う場合にも月額料金を安くおさえることができますね!

低速モード(200kbps)も存在しており、データ消費することなく使用できます。

バースト機能という、最初の読みこみだけ高速になる機能付きなので、軽いサイトやメールの送受信には不便なく使うことができます。

ただ、低速モードは3日で366MBを超えた場合、通信速度が20kbpsになってしまうので、その点だけは注意は必要です。

通信速度も安定しています。IIJmioの設備を使用しているためです。

月額の料金をおさえたい!と思っている方にとっては最高のエキサイトモバイルも、デメリットがあります。

問い合わせ電話が有料なことです。ただし、電話をかけた場合すぐつながります。

公式サイトではわかりづらいところに問い合わせ番号が記載されているようなので、その恩恵といってもよいでしょう。(本末転倒の感がありますが……)

人気格安スマホとSIMとのセット販売も行っていて、新しい端末をお得な値段で入手することも可能となっております!

安さとシンプルさが売り!DTI SIM

安さを売りにした格安SIMは多いですが、この「DIT SIM」が最も安いといえます。

1G、2G 、5Gの月額料金がDMMモバイルなみに安価で、しかも「ネットつかい放題」(無制限プラン)が存在しているからです。(データプランで月額2200円、音声プランで2900円

さらに、音声プランに月額780円を上乗せすることで、5分以内の通話が何回でも無料になる「でんわかけ放題」のオプションもあります。

月3Gのデータプラン、月3GのSMS付きのデータプランが半年無料になり、月3G通話プランも月額料金が半年間790円割引きになる「お試しプラン」が存在します。

ネットと電話をよく利用する方にとっては、DMMモバイルやエキサイトモバイルよりもお得になります。

まさに一番お得なMVNO!といってよいDIT SIMにもデメリットが存在します。

通信速度が遅くなる時期がある点です。「ネットつかい放題」プランが開始されて速度が低下してしまったようです。

もっとも、設備の増強を定期的に行っていますが、速度が普通になったり遅くなったりを繰り返しています。

高速通信と低速通信の切り替えに対応していないので、メールやLINEなども無制限というわけにはいけません。

他の格安SIMのように、色々な便利な機能が付いているわけではなく、シンプルな機能と安さを追及した格安SIMなのです。

ネットも電話も多用したい、でも月額料金はおさえたいという方に特におすすめです!

総合的におすすめのMVNO

楽天ユーザーにおすすめ!楽天モバイル

楽天グループが提供している格安SIMとして有名な格安SIMです。

月額料金がそれなりに安く、プランも充実しています。

最大の特徴は「楽天市場」との提携です。

通話SIMを申し込んでいる場合は、楽天市場で買い物するともらえる楽天ポイントが2倍になります。

日ごろ楽天市場でお買い物をする機会が多い方にとって、本当の意味でお得なのは、この楽天モバイルということになります。

月額850円追加で5分以内の電話が何回でも無料になる「5分間かけ放題オプション」や、起動すると通話料が半額になるアプリの「楽天でんわ」の存在もうれしいポイントです。

SIMとのセット販売で格安スマホがかなりお得に購入することができることも、忘れてはいけません。

半額やそれ以上の値引きが当たり前になっています!

分割での支払いにも対応しているので、新しい端末が欲しい場合にもうってつけです!

欠点としては、時期によって速度が変動してきた点があげられます。遅くなったり速くなったりを繰り返した経緯があります。

総合で見れば、通信速度は普通の速度といっていいです。

アプリのダウンロードなどは、WiFiを使用したほうが無難です。たとえば、モバイルWifiの回線としてWiMAXを選ぶのであれば、やさしいWiMAX比較といったポケットWiFiの比較を専門的に扱うサイトで探してみるとよいでしょう。WiMAX比較のポイントは、「いかにお得なキャンペーン情報を見つけるか?」です。やさしいWiMAX比較では、必ずチェックすべきプロバイダに絞って有益な情報が紹介されています。

また、楽天モバイルは問い合わせの電話がつながりにくい点も注意が必要でしょう。15分から30分待たされることもザラです。

ですが、トータル的に考えるとユーザーの満足度がとくに高い格安SIMとなります!

ぜひ家族で使いたい!mineo

auの回線とドコモの回線両方を使用しているため、auの端末の方でもドコモの端末の方でも、SIMロック解除なしに乗りかえ可能です!

月額料金も安く、通信速度も速いです。

家族割複数回線割を使うことにより、一台50円、月額料金が割引になります。

ユニークなのがデータシェアで、前月に余ったデータを家族でシェアして使用できます。

月々余らせたデータを他人にあげることが可能なパケットギフトや、mineoのユーザー全員で余ったデータを集め、そこから各人が月1Gよぶんに使用できるフリータンクなど、ユニークで実用的なサービスが存在しています。

ユーザーが便利なようになっていますね。

欠点は、お昼の時間の通信速度が遅くなってしまう点です。

ちょうどお昼休みの時間帯なので、回線が混雑してしまうからですね。

2017年3月から開始されるプレミアムコースでは、月に850円の支払いで速度が低下しないようになります。

この問題に対処が可能になります!

通話定額サービスは他社と比べて特にお得ではありませんが、Lalaコールという050IP電話の月額料金を実質無料で使用できるため、お仕事で使用するのでなければ通話料金を安くおさえることが可能です。

家族間で使うことにより、どこよりも安くて満足度の高いサービスになる格安SIMです!

通信が高品質!UQmobile

au回線を使用したMVNOとして有名なUQmobileは、数ある格安SIMのなかでも通信の速度、品質、安定性の面が特に優秀です。

ドコモ、au、ソフトバンクから乗りかえて使用する場合でも、通話の品質においてはまったくご心配にはおよびません。

月額料金のほうもお得で、月額200円追加すればキャリアメールでもはじかれないMMSを使用することができます。

通常プランは月3Gのプランと無制限(速度が500kbps)があります。無制限プランは速度制限されていますが、実測値では500kbps以上出ているようです。

月3Gのプランと無制限は3日で6Gを超えて使用すると速度制限がありますが、通常の使用ではそこまで使用することもないので、とくに気にする必要はないです。

今ならSIMと格安スマホをセットで購入する場合に、「ぴったりプラン」「たっぷりプラン」を選択できます。

無料通話を加えて、「ぴったりプラン」で2G、「たっぷりプラン」で6G使うことが可能です。(契約から2年間)

通常プランの選択が少ないのが欠点ですが、今後は増える可能性があります。

格安スマホの購入をお考えになっている方にとって、今なら特におすすめのMVNOです!

結局どこがよいの?格安SIM選びのポイントのまとめ

これまで値段の面でおすすめ、総合的におすすめの6つのMVNOを見てきました。

どの業者も、独自の魅力的なプランや機能を取りそろえていますね!

格安SIMを選定していくとき、明確にしなければならないポイントがあります。

それは、自分がスマホをどのように利用したいかです。

5分以内の通話が多い方であれば、5分以内の通話無料が付けられる格安SIMがよいでしょうし、月に必要とするデータ容量が決まっている方は、そのデータ容量が安く利用できる格安SIMを選べばよいのです。

様々な各種割引きサービスがありますので、一見それほど安くないように思われても、結果的に一番お得に使えるケースもあります。

業界として、さまざまな利用者のさまざまなニーズにこたえられるようになっていますので、必ずご自身にあった格安SIMと出会うことができます!

ここにあげたレビューをご参考になさって、最適なMVNOをピックアップしていきましょう!

楽天モバイルとドコモを比較!どちらがお得?

楽天モバイルは、格安SIMを提供するMVNOのなかでもトップクラスの人気を誇っています。プランがシンプルかつ充実していて、料金も安価です。

楽天モバイルは、ドコモ系のMVNOです。ドコモの通信設備を利用して事業を展開しているわけです。

ドコモユーザーで、格安SIMへの乗りかえを検討している方であれば、端末のSIMロックを解除することなく乗りかえ可能なドコモ系の格安SIMである楽天モバイルは、有力な選択肢のひとつに入ってくるでしょうね。

楽天モバイルとドコモの、料金やサービスの比較

楽天モバイルは楽天グループの格安SIMブランドです。

楽天グループの資金力によって、回線の質を落とさず魅力的なサービスを提供しています!

前述したように、ドコモの回線を使用している楽天モバイルは、ドコモユーザーが格安SIMに乗りかえる際の有力候補ですが、実際にドコモから乗りかえたとき、メリットとデメリットはどのようになるのでしょう?

ドコモから楽天モバイルに乗りかえた場合のメリット

ドコモから楽天モバイルへ乗りかえた場合、特に目を引くのが月額料金の差です。

楽天モバイルの通話SIMを契約した場合、3.1GBプランが1600円、5GBプランが2150円、10GBプランが2150円です。

ドコモのデータSパックが2GBで3500円、データMパックが5GBで5000円と比べると断然お得です!

楽天モバイルの場合、20G、30Gの大容量プランもあります。3大キャリアがこれに対応したプランを開始したばかりですね。

そこで料金を比較すると、楽天のプランは20GBで4750円、30GBで6150円と、ドコモのウルトラデータLパックが6000円、ウルトラデータLLバック8000円と比べてお得になります!

キャリアから格安SIMに乗りかえる場合に気になるのが、国内かけ放題がなくなることです。

ドコモの場合は、基本使用料月額2700円(2年定期契約)でそれを実現しています。

楽天モバイルの場合、何分でもかけ放題というサービスはありませんが、5分以内の電話がかけ放題のサービスを実施しています。月額料金850円追加で使用出来ます。

ドコモでは、カケホーダイライトプランがこれに該当します。月額料金1700円(2年定期契約)です。

ここでも、楽天モバイルが料金面で安いです。

楽天モバイルには「楽天でんわ」という通話アプリがあります。

これを起動中の通話であれば、料金が半額になるので、5分以内の電話がかけ放題のサービスで5分を過ぎてしまった場合でも、「楽天でんわ」を起動していれば通話料金をおさえることができます。

楽天モバイルは、通話SIMを申しこんだ場合に「楽天市場」でお買い物をしたときに付くポイントが2倍になります。

「楽天市場」のヘビーユーザーであればあるほど、楽天モバイルの恩恵を受けることになるわけです。

ドコモと同じく、口座振替に対応していたり、SIMカードと格安スマホのセット販売がかなりお得な点も見逃せません!

ドコモから楽天モバイルに乗りかえた場合のデメリット

ドコモから楽天モバイルへ乗りかえた場合のメリットを紹介しましたが、それではデメリット面にはどういったことがあげられるでしょう?

  • 3日間使用可能なデータ量の制限
  • 通話SIMの解約手数料が高め
  • 通信速度が特に速いわけでない
  • 問い合わせの電話がつながりにくい

3日間で使用できるデータの容量が決められていて、それを超えてしまうと速度が200kbpsに低下してしまいます。

この200kbpsという速度は、メールの送受信やLINEなどには大丈夫ですが、一般的なサイトの閲覧には向いていません。

なので、使いすぎには注意する必要があります。

最初から200kbpsのベーシックプランや、20G と30G のプランには制限がありません。

楽天モバイルの通話SIMを契約から12ヶ月以内に解約した場合、解約手数料が9800円かかるという点には注意です。

もし使ってみて合わないと感じた場合、一年以内に解約してしまうとペナルティが課されてしまうことになるからです。

楽天モバイルの通信速度ですが、これまでに速くなったり遅くなったりを繰り返しています。

平均してみると、格安SIMのなかでは普通の速度になります。

普通に使用する分には問題はないのですが、アプリのダウンロードだけは注意が必要です。

楽天モバイルだと、アプリのダウンロードはかなり遅いのでおすすめできません。

自宅のWiFiを使用して、アプリのダウンロードをしたほうがいいです。

逆にいってしまえば、自宅にWiFiがない場合は楽天モバイルは遠慮したほうがよろしいでしょう。

問い合わせの電話がつながりにくいのも、契約するにあたって知っておく必要があります。

15分以上待つのはザラで、30分もかかってしまうこともあるらしいです。

電話で問い合わせをするのには、覚悟と時間が必要になります……。

まとめ

ドコモから楽天モバイルへ、乗りかえを行う場合のメリットとデメリットを見てきました。

仕事で電話をガンガンかけるわけでなく、自宅にWiFi環境がある人にとっては楽天モバイルへ乗りかえたほうが断然お得です。

ですが、仕事で電話をガンガン相手にかけたい人や、自宅にWiFi環境がない人にとってはドコモのほうが無難でしょう。

楽天モバイルは、SIMと格安スマホとのセット販売が特にお得なので、格安SIMを検討している人にとっては魅力的ですが、デメリット面を考慮すると他の格安SIMのほうがよい場合があります。

格安SIMは、人によってお得にならないか、そうでないかがはっきりしています。

楽天モバイルは確かに人気MVNOですが、メリットとデメリットを考慮しないと人によっては合わないこともあります。

ドコモから格安SIMへの乗りかえをご検討している方は、ぜひ他のMVNOも参考にしてみてください。

あなたにピッタリの格安SIMが、きっと見つかるでしょう!

2017年、格安スマホの評判からのオススメ機種

2015年から、SIMフリーの格安スマホが多く出回るようになってきましたね。

格安SIMと合わせると、さらにお得感倍増です!

最近は、ASUSHuawei富士通から魅力的な格安スマホが出ましたね。

ここでは3機種にしぼってご紹介したいと思います。

評判から見えてくる、格安スマホ2017年の真のおすすめは?

格安スマホには興味はあるけれど、いったいどの機種にしたらいいか見当がつかない……。とお悩みになっている方も多いのではないでしょうか。

店頭では、どの機種も魅力的に見えてくるものです。

各メーカーのサイトでも、よい特徴しか紹介されていません。

ここで注目したいのが、価格.comAmazonなどのレビューです。

実際に購入された方の率直な感想なので、評判が良ければ安心して購入できますよね!

こちらで紹介したいのは、ASUS  ZenFone 3 LaserHuawei HUAWEI Mate9arrows M03の3つの機種です。

各メーカーの自信がつまった3機種と言えます!

次から、3機種それぞれの特徴を見ていくとともに、レビューのまとめも合わせてご紹介したいと思います。

ASUS  ZenFone 3 Laser

ロングセラーとなったZenfone2 Laserの後継機種で、全体的な性能が大幅に向上しています。具体的にあげますと、

  • ディスプレイのサイズが5インチから5インチになり、画質も向上している。
  • RAMとROMが倍増され、CPUの性能も6倍程良くなっている。
  • GPS の精度が大幅に向上。

といった点がメインになります。いわばスマホの頭脳であるCPUの性能が向上し、机の広さに相当するRAM、机の引き出しに相当するROMが倍増されているので、高度なゲームもこなせる機種になっています!

前のモデルのZenfone2 Laserで問題だったGPSの精度も改善されているので、ポケモンGoなども存分に楽しむことができます!

Zenfone2 Laserで可能だった、電池交換ができなくなっていますが、ZenFone 3 Laserの場合は三年半ほど、電池を使い続けることができます。

Androidの場合は端末そのものの寿命が4年ほどなので、電池を交換できないデメリットは実質存在していません。

ネット上でのよい評判と悪い評判をまとめました。

  • たまに反応が悪くなってしまう。
  • バッテリー持ちがよくなった。
  • 音質は高音が問題ありで、こもったような音。
  • 指紋認証が便利。
  • タッチのレスポンスが非常に速い。
  • 手が小さいと、片手での文字入力は困難。
  • 画面が大きく見やすい。
  • ポケットに入りづらい。
  • ATOKが標準だからこの機種に決めた。

レスポンスが良好で、指紋認証に対応しているのもよいでしょう!

画面が大型化し、見やすくなったのはいいんですが、片手で操作しづらくなってしまったデメリットも存在しています。

ATOKが標準なのも、うれしい点です。

音質がこもる点は、音楽を聴きたいという方にとってはマイナスポイントになってしまいます。

USBTypeCに対応していないことも、デメリットです。今後は多くの電子機器で使用されるであろうUSBTypeCに対応していないのは、新型機種としてはイマイチといっていいでしょう。

この機種を購入するにあたって注意したいのが、定価では3万円するという点です。2万7000円くらいであれば、性能に見合った価格になります。

ですが、格安SIMとのセット販売によって安価で入手できます。

NifuMoでは、実質で1万8000円ほどで購入でき、UQmobileではぴったりプランで実質9800円、たっぷりプランで実質6800円というおどろきの安さで手にいれることが可能なのです!

この二つの格安SIMの契約を考えている方であれば、まさにうってつけの機種といえますね!

Huawei HUAWEI Mate9

こちらはデュアルカメラの搭載、2枚のSIMカードの使用による4Gと3Gの同時待ち受け(デュアルSIMデュアスタンバイ)に対応、4000mAhの大容量バッテリー、超急速充電の「スーパーチャージ」に対応、オクタコアCPUを搭載し、処理能力は抜群とまさに目玉尽くしの機能満載のモデルです。気合いが入っていますね。

背面もアルミニウム合金で、高級感と耐久性を高めています。

前述したように、魅力的な機能が詰まったモデルですが、実際のユーザーの声はどうなのでしょうか。

ネット上でのよい評判と悪い評判をまとめました。

  • 片手操作ができない。重さも軽量スマホの5倍。
  • 応答や画面の切り替えが高速で、タッチ精度もよい。
  • VoLTE非対応なのは残念だが、聞き取りやすい。
  • 音質もよい。
  • 画面がとてもきれい。
  • 携帯性がよくない。
  • 画面サイズが大きく、ボタン操作がしづらい。
  • 総合的にみて、Androidでは一番。

その大きさから、携帯性や片手操作の面はよくはありません。

処理に関しては、オクタコアCPU の面目躍如といったところでしょうか。

ヌルサクが期待できます!

大容量バッテリーも大きなメリットですね。

デメリットとしては、防水・防塵おサイフケータイワンセグに対応していない点です。

日本の携帯ならではのよさですが、海外のメーカーなのでこういったものを求める人にはおすすめできないわけです。

auのSIMが利用できないのもマイナスポイントです。

Huawei HUAWEI Mate9は定価で65000円台です。これは日本ならではの価格で、ヨーロッパなどでは日本円にして約85000円です。スペックをみれば、日本価格はその価値に十分見合ったものでしょう。

格安SIMとセットで購入すれば定価より安く手に入ります。

DMMモバイルで49800円、エキサイトモバイルで49800円にキャッシュバックが付いてくるので、かなりお得に購入することが可能となります!

arrows M03

国産のSIMフリースマホとして大ヒットしたARROWS MO2の後継機種です。

改良点としては、

  • 電池持ちが10パーセント向上した。
  • 液晶の種類が変わり割れにくくなった。
  • Android6を搭載
  • ワンセグ搭載
  • カメラとGPSの精度が良くなった。

といった点があげられます。

防水防塵「おサイフケータイ」に加えてワンセグ搭載というメリットが大きいです。

ARROWS MO2の弱点だった、液晶の割れやすさにも対策がなされています。

ドコモ系au系の格安SIM両方で使用することが可能です。

電池持ちもよくなっているため、ARROWS MO2が欲しいと思っている方におすすめできる一台となっております!

ネット上でのよい評判と悪い評判をまとめました。

  • 内蔵ストレージの容量が少ない。
  • 置くだけで充電できるクレードルがない。
  • ストレージの容量が少ないので、ゲームをたくさんインストールするのには向いていない。
  • 本体がかなり軽いので、持ち運びに便利。画面も小さすぎず、文字入力が快適。
  • タップして起動する機能や、指紋認証がついていない。
  • バッテリーの持ちは良いが、3日持つというのは言いすぎ。
  • バッテリーの持ちが良く、ゲームをしていても10時間は持つ。
  • 「おサイフケータイ」がついているSIMフリー携帯としてのコスパがよい。
  • スペックの割に高め。

内蔵ストレージの容量が16Gと、ミドルスペックのスマホとしては普通です。

CPUも特別よいものではありません。

パズドラやポケモンGOなどのゲームならよいのですが、高いスペックを要求されるゲームには向いていません。

ですが、国産で米国MIL規格に対応しているので、耐久性と信頼性は折り紙付きです。

VoLTEにも対応しています。

この機種は高いスペックを求める方には向きませんが、使いやすさといった面では非常に評価できる機種です!

定価は35244円(税込み)になります。これだと多少高めに感じられますが、この機種も格安SIMとのセット販売を利用することで安価で入手することが可能になります。

NifuMoなら2017年1月31日まで8000円から最大20000万円のキャッシュバックを行っていますし、UQmobileのぴったりプランとたっぷりプランでは最大で24000円の割引きが可能となっております!

今年の冬のベスト機種は?これまでのまとめ

ここまで、3機種の特徴と評判を見てきました。

全機種から全てが進化しているZenfone3Laser、様々な多機能性が売りのHUAWEI Mate 9、防水防塵、おサイフケータイ、ワンセグと日本人ならではの国産スマホのARROWS MO3のなかで、ベストをあげるとしたら?

ASUS Zenfone3Laserを選出したいと思います。理由は、特に気になる欠点がなく高性能だからです。

この機種の最大のネックは価格面ですが、格安SIMとのセットを利用することでだいぶお得になります。

もちろん、人によってスマホに何を求めるかは違ってくるので、対照的な機種といっていいHUAWEI Mate 9ARROWS MO3が自分にとってのベストな選択肢となる方も多いでしょう。

この記事を参考にして、あなたにとってのベスト機種を探し出してみてください!

比較してみた!ワイモバイルとソフトバンク

ワイモバイル(Y!mobile)ソフトバンク格安SIMのブランドです。

イーモバイルやウィルコムがソフトバンクに吸収合併されて誕生したもので、ソフトバンクの回線に加えてイーモバイルとウィルコムの回線を使用しています。

自社で回線を持っているので、MVNOではありません。

3大キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)とも、MVNOと呼ばれるキャリアの設備を借りて事業を展開している格安SIM業者とも違う、その中間ともいうべき存在です。

料金やサービス面に関しても、キャリアとMVNOの中間ということができます。

積極的にテレビCMを行っており、非常にメジャーな存在です。

ワイモバイルとソフトバンクを比較!意外な事実の判明

現在ソフトバンクをご利用していて、ワイモバイルに乗りかえたい……。と思われる方も多いのではないでしょうか。

確かに3大キャリアから格安SIMに乗りかえた場合、月々の料金を大きくおさえることが可能になります。

ワイモバイルの場合はキャリアに匹敵するぐらいサービスが充実しているので、乗りかえ時に不安になることはないでしょう。

ですが、ソフトバンクの方がワイモバイルへ乗りかえをした場合は、ドコモやauから乗りかえの場合に比べるとお得にはならないのです!

この記事では、ソフトバンクユーザーの方がワイモバイルへ乗りかえようとする際の注意点をまとめてあります。

やはりお得なワイモバイル!料金面でのソフトバンクとの比較

3大キャリアに月20G、30Gの大容量プランが出たのは記憶に新しいですよね。

ソフトバンクの場合はデータ定額ミニ(月1GB 2900円、2GB 3500円 )、データ定額(月5GB 5000円)のサービスがあり、その上にギガモンスター(月20GB 6000円、30GB 8000円)のデータ定額サービスが存在しています。

データ定額(月5GB)の料金は月額5000円なので、それから1000円プラスするだけでギガモンスター(月20GB 6000円)を利用できることになります。

1G につき1000円だったものが300円になる計算なので、たくさんデータ通信をしたい!という方にとってはうってつけのプランです!

ですが、外でスマホをそれほど使用されず、家庭内でWiFiを利用されている場合であれば、月20G 、30G もの大容量は必要ないです。

キャリアの通常料金は、10G 以下のデータ容量であれば割高です。

家庭内でWiFiを利用していて、月にそれほどデータ容量を必要としない方であれば格安SIMのほうが断然お得です!

ワイモバイルの場合はスマホプランS(月1GB 2980円)、スマホプランM(月3GB 3980円)、スマホプランL(月7GB 5980円)に分かれています。

この料金は、加入日から25ヶ月間適用される「スマホプラン割引き」と、加入日から26ヶ月以降に適用される「長期利用割引き」を適用したあとの値段です。

今なら、加入翌月から12ヶ月間、基本使用料が1000円割引きになる「ワンキュッパ割」を実施しているので、上記の料金からさらにお得になります。

ソフトバンクの場合は基本プランの料金も加わるので、トータルではソフトバンクのほうがやはり高くなります。

通話をよくする方であれば、基本プランの料金を支払ってでも、ソフトバンクの電話かけ放題のほうが良いとお考えになると思います。

ワイモバイルの場合も、10分以内の国内通話であれば、通話料が0円になるサービスがあります!

格安SIMのサービスでは、5分以内であれば通話料が0円のサービスが多いなかで、それより長めに無料通話に対応しているわけです。

このサービスは、月300回までなので、頻度もそれほど気にせずご利用できます。

10分以内の通話が多い方であれば、ワイモバイルのほうがお得になるのです。

意外な落とし穴が?ソフトバンクからワイモバイルへの乗りかえ

先にあげたように、ソフトバンクと比べてワイモバイルのほうが断然お得になるというユーザーが多いと思われます。

ですが、ソフトバンクユーザーの方がワイモバイルへの乗りかえを行う場合には、いくつか注意点があります。

まず、ワイモバイルでこれまで使用していたソフトバンクのスマホは、そのままでは利用できません。

ソフトバンクのSIMロックを解除する必要があります。

同じ3大キャリアのドコモやauのスマホの場合、ドコモの回線やauの回線を利用しているMVNOに合わせれば、SIMロック解除の必要がありません。

ソフトバンクのSIMカードは自社が販売している端末でしか利用できないようになっているわけです。

新しい端末が欲しいタイミングで乗りかえないと、損をしてしまいます。

次に、加入日から25ヶ月間の「スマホプラン割引」が適応されないという点です。

スマホプランS(月1GB 2980円)、スマホプランM(月3GB 3980円)、スマホプランL(月7GB 5980円)という料金価格は、ソフトバンクからMNP(番号移行)した場合には適応されず、加入から25ヶ月間、1000円割引きされない料金になります。

つまり、スマホプランSは月額3980円、スマホプランMは月額4980円、スマホプランLは月額6980円になってしまいます。(「ワンキュッパ割」を適用されない場合の料金。加入日から12ヶ月間、基本使用料1000円割引き「ワンキュッパ割」は、ソフトバンクからの乗りかえでも適応されます)

ソフトバンクから移行した場合でも、加入日から26ヶ月移行は「長期利用割引」が適応されるので、それ以降は1000円割引きされた料金で利用できますが、ソフトバンクユーザーがワイモバイルに乗りかえた場合には2年間は優遇しないわけです。

なので、せっかく安さを求めてワイモバイルに乗りかえようとしたのに、ソフトバンクユーザーは割をくってしまう形になるのです。

ソフトバンクユーザーならば、楽天モバイルやmineoがおすすめ!

ソフトバンクユーザーがワイモバイルへ乗りかえようと思うのは、10分以内の通話が多くて、月20Gや30Gの大容量データを必要としない場合でしょう。

その条件であれば、ワイモバイルに限らず他の格安SIMも検討に入れてみるべきです。

格安SIMは多いですが、人気のあるMVNOは独自の機能やプランが充実しているので、ユーザー側の細やかなニーズに適合したプランやサービスが見つかる可能性が高いからです。

元々ご検討していたワイモバイルよりも、条件が良い格安SIMを見つけることも十分に可能です!

格安SIMのなかでも、大人気の「楽天モバイル」「mineo(マイネオ)」のご紹介をしたいと思います。

 

「楽天モバイル」はあの「楽天」の格安SIMブランドです。

月額料金の安さも魅力ですが、通話SIMで申し込んだ場合は「楽天市場」でのポイントが二倍になるという点も大きな魅力です。

「楽天市場」を利用する機会が多ければ多いほど、ポイントがついてお得な格安SIMになります。

通話に関しては月額850円の追加で、5分以内の電話であれば無料でかけ放題にできるサービスがあります。

5分を超える通話の場合も、「楽天でんわ」という通話アプリの使用によって、通話料金を半額にすることができます。

格安スマホが大幅に値引される、SIMとのセット販売も魅力です!

 

「mineo(マイネオ)」はドコモの回線とauの回線両方を使用しているMVNOです。

auの回線を利用した「auプラン」だとauの端末がSIMロック解除なしで利用できます。

mineoのユニークな点は、家族間の契約でお得になるサービスが充実している点です。

複数のSIMカードの契約で1台につき月額50円引きや、同じ住所に住んでいる人のあいだで、月に余らせたデータを翌月に繰越して使用することができます。

月に余らせたデータは、パケットギフトで家族だけでなく友達にもあげることができます。

さらに、mineoユーザー間で余ったデータを集めて、月に1G ずつ無料で使用できるようにしたフリータンクもあります。

通信の速度も良好です!

通話定額だけは他の格安SIMに比べて、特にお得というわけではないので注意してください。

まとめ

ソフトバンクユーザーが月々の料金を安くおさえるためにワイモバイルに乗りかえるのであれば、ドコモやauからよりも不利になります。

そこで、ワイモバイル以外の格安SIM業者(MVNO)を検討したほうが、良いプランが見つかることがままあります。

「楽天モバイル」や「mineo」以外にも、魅力的なMVNOは多いです。

ご自身が月々にどのような形で利用されたいかを明確にしていけば、ワイモバイルよりも満足できる格安SIMを見つけることが可能となるでしょう!